次世代のことを考えた生コンスラッジの有効利用
付着モルタル リサイクルシステム「Repro」

付着モルタル リサイクルシステム「Repro」

特許取得済JIS規格認証取得

付着モルタル リサイクルシステム「Repro」

耐久性や圧縮強度を十分にクリア

「Repro」(リプロ)は、産業廃棄物としての取り扱いで、高額な処理費用が必要だった生コンスラッジの廃棄問題を解決するリサイクルシステム(JIS A5308附属書D)です。独自のシステムにより付着モルタルを再生、廃棄物削減はもちろんのこと、資源の節約や地球環境に配慮した商品です。
付着モルタル リサイクルシステム「Repro」は特許取得済みです。特許証はこちら

付着モルタルリサイクルの工程

付着モルタルリサイクルの工程
安定剤希釈溶液50リットルで洗浄

工場へ帰着

1スラリー化された付着モルタルを専用容器へ排出
2専用容器内で保存(24時間以内)
3ポンプで3階計量フロアへ上げて希釈溶液と付着モルタルに分級

付着モルタルはミキサーへ

希釈溶液は水計量ビンへ(計量水量の内割り)

4希釈溶液は水の計量ビンへ投入

付着モルタルの容積は練り混ぜ量に加算しない

5付着モルタルは他のコンクリート材料とともにミキサーへ投入

安定剤希釈溶液50リットルを製造

生コン工場で新たなコンクリートの積み込み
現場へ出荷
スラリー上モルタルを入れる専用容器とポンプ
スラリー上モルタルを入れる専用容器とポンプ。(容器の蓋が開いたところ)
専用容器に一定量の液が貯まると、制御盤から遠隔操作でポンプが動作され、スラリー状モルタルが工場内に上がっていきます
専用容器に一定量の液が貯まると、制御盤から遠隔操作でポンプが動作され、スラリー状モルタルが工場内に上がっていきます。
付着モルタルが再利用された生コンをトラックアジテータに積み込み出荷
付着モルタルが再利用された生コンをトラックアジテータに積み込み出荷。